小さい子供でも楽しんで乗れるへんしんバイクとは

ボックス
  1. ホーム
  2. 子どもにおすすめの自転車

子どもにおすすめの自転車

子供たち

練習段階で形状が変化する

へんしんバイクは、3歳から始められる練習用及び実用自転車です。従来までの補助輪付き練習用自転車と違って補助輪がなく、ペダル部分が取り外し可能になっており、バランス練習をした後にペダルを付けてこぐ実践を行います。バランスバイクとペダルの一式セットで販売されていて、へんしんバイクは3歳からですが、へんしんバイクSは2歳から使用可能とされています。早くて30分で自転車に乗れるようになるため、幼稚園で活用されることもあるようです。倒れた時に子どもの力でも持ち上げられるよう工夫して作られているので、子どもが自分自身で立て直すことができます。自転車練習は怪我がつきものですが、自分の力で事を成し遂げる精神性を育めるので、自力でなんとかなる作りの自転車は乗れるようになるための練習に最適です。

短期間で乗れるようになる

子どもの自転車練習として人気の高いへんしんバイクですが、はじめにペダルを取り外して補助輪のないバランスバイクの状態で練習することは子どもの感覚サポートに繋がります。自転車はバランス感覚が大事であり、補助輪が付いた状態から外れた状態になると感覚が違うので補助輪がないと乗れないという状況になりやすいといわれています。へんしんバイクのように、こぐことから始めるのではなくバランス感覚を得ることから始めることで、実際にこいでみるとなった時に短期間で上手くできるようになります。自転車練習時は怪我や事故の危険があるため保護者が見守っていることが望ましいとされますが、へんしんバイクは他の自転車より大人の支えがそれほど必要ないので、腰が弱い保護者にもありがたいものになります。