小さい子供でも楽しんで乗れるへんしんバイクとは

子供

1台で2つのタイプ

車輪

楽しませることが大切

バランスバイクの革命児として、軽量スポーツタイプに1台で移行できる「へんしんバイク」が注目されています。へんしんバイクは子供の足が補助輪代わりとなり、慣れてきた頃に付属のペダルを装着できる子供用自転車です。ポイントは自転車を乗りこなすためのスタート部分という点で、強制であってはいけません。まずは普段の遊びと同じように楽しめる環境を作り、自由に使わせてみると良いでしょう。ただし、交通ルール・マナーと危険回避の学習も必要となるため、保護者が近くで見てあげることも大切です。また、へんしんバイクは3歳児から、Sタイプは2歳児からが対象となっています。お孫さんや親戚にプレゼントする場合、保護者には事前に相談しておくと安心でしょう。

上達スピードが早い

へんしんは変身という意味そのもので、バランスバイクから軽量スポーツバイクに移行でき、子供はスムーズにペダル付きへと移れます。ペダル付きでクランクを回す練習ができますので、あとは自転車へ移行するだけです。補助輪がなかなか取れなかったり補助輪付きに戻ったりすることがなく、上達スピードが早い点も評判となっています。へんしんバイクはハンドルにブレーキがついているため、練習だけでなく急な危険を回避できます。日本の路地は狭いところが多く、へんしんバイクは使う場所を選ばない優れものといえるでしょう。また、カラーで選べる点もへんしんバイクの魅力で、性別を気にすることなくプレゼント可能です。サプライズも喜ばれますが、本人の希望に沿ったプレゼントにも向いています。